事業内容

自動車リサイクル

自動車リサイクルサービスのご案内

自動車解体 自動車大国日本を陰ながら支えるやまたけの自動車リサイクル事業。引取りから解体、有用部品等の採取、シュレッダーでの破砕、選別。マテリアルリサイクルとサーマルリサイクルでお客様の大切なお車の最後を丁寧に見送ります。もちろん燃料からオイル、ウィンドウォッシャー液まで全ての液体は日本に2台と無い専用器材で個別に抜取りリサイクルしています。


自動車リサイクル作業フローのご案内

自動車リサイクル作業の流れ

  • STEP.01使用済自動車の搬入
    解体する車体はトラックで工場内に搬入します。回収した自動車は事業所内に保管しておきます。
  • STEP.02フロンガス、エアバッグ、タイヤ、バッテリー等の回収
    エアバッグは電気式の場合は爆破により回収、機械式の場合は手作業にて取り外し回収します。防塵、防音の為に各ガラスにシートをかけての対応します。フロンガス、タイヤ、バッテリー、発煙筒などもこのタイミングで取り外します。
  • STEP.03燃料、オイル類、液類の回収
    抜き取った燃料、オイル類(エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキオイル等)、液類は種類別に回収します。また、回収したガソリンは再利用しています。
  • STEP.04エンジン、サスペンション、マフラー、リサイクルパーツの取り外し
    バンパー、ボーンネット、テイルランプ、ドア、フェンダー等のリサイクルパーツ類を取り外します。その他、オーディオや装飾品も同様に取り外します。
  • STEP.05ワイヤーハーネス(配線類)の取り外し
    エアコン、ヒーター、ダッシュボード等も取り外していきます。
  • STEP.06プレス処理またはシュレッダー処理
    最後にガラをプレス処理またはシュレッダー処理し、終了となります。

自動車リサイクルのフロー

作業者からのご挨拶

自動車解体作業者からの挨拶

最近はハイブリット車の入荷などで、今までとは違った車の解体が増えてきており、 必要な知識や技術も多岐に渡ります。お客様からお引取りさせていただいた自動車を限りなく捨てるものが少ないように、そしてリサイクルできるように意識して作業をしています。 分解した部品の一つ一つがまた違う車の部品になりますので、「リサイクル」を実感できます。

その他の事業

鉄非鉄リサイクル
産業廃棄物処理
小型家電リサイクル
じゅんかんコンビニ
収集・運搬
古紙リサイクル
当社へのお問合せはこちらからどうぞ